王様のミミはロバの耳//話題に壁ナシ!ストレス発散系ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

スポンサー広告 |


2011/05/08 (Sun) 間もなく2ヶ月

1000年に一度とも言われた未曽有の大震災から間もなく2ヶ月。
実は私達の周りにはあの津波の被害に遭われた方が多くて、「実家が床下浸水だって」と言うのはまだ良い方で。
「兄弟の家は一階全部が水に浸かって、二階でギリギリ難を逃れた」何て友人もいたし、私の親戚に関しては完全に津波に家をさらわれた。
ただ、私達の周りだけと言う何とも狭い範囲だけれども命を落とした人はいなかった。

あの日、朝に家を出て職場で一日を過ごし夜に家に帰ると言う当たり前の事が、実はどんなに尊い事か身を持って思い知った。
あれから計画停電の影響もあったけど、一人でパソコンに向かってブログ更新する時間があるなら、家族の顔を見て一言でも多く言葉を交わす時間を持つ事を最優先にしてきた。
同じ限りある電力を使わせてもらえるなら、家族が互いに安心しあえる事に使いたいと思って。
実際ご隠居達はこの所やっと「やっぱりまだパァ~っと・・・と言う心境にはなれない」と言いつつも、それなりの日常を取り戻しつつあると言う状況だ。

最近、日常の生活を送ると言う言葉をよく耳にする。
その度に日常の生活って何だろうと考えずにはいられない。
私の職場には目の不自由な方がいて、その方は駅構内が暗かったりエスカレーターが動いていなかったりで、未だに自宅待機を命ぜられている。
その方にとっての日常の生活って、今はすごくハードルの高い事になってしまっている。
そんな答えの出ない事を時折考えながら、日々の生活を送っている。

私のブログに関しては、特に社会に有益な情報満載と言うものでもないストレス発散系メインであるから、更新はこれまで同様節電モードで。
ただ、継続中の裁判の事に関してだけは注文住宅オーナーとして、これから注文住宅オーナーを目指される方のための悪しき見本としての情報を最後まで発信せねばと思っている。
そんな重いテーマの合間に住み心地満点の我が家のノロケ話や進化論にお付き合い頂ければ有難いです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!
スポンサーサイト

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2011/03/02 (Wed) 電子機器への悪影響

引っ越しも終わったお正月、電話の子機がピヨピヨ言いはじめた。
とりあえず充電器に差し直してその場はおさまったのだけど、忘れた頃に今度は丑三つ時にピヨピヨが始まった
しかも何度差し直してもしばらくするとピヨピヨがはじまるので、
本気で霊でもいるのかと
何と言っても引っ越して数日後から始まったし、しつこいピヨピヨは
丑三つ時だし、思ってみればウチの土地が曰く付きでないかなどとは
調べた事もないし
で、半ば冗談から本気で心配し始める私を旦那ドンは
最後までまともにとりあってはくれず。
悔しい思いをしながらも旦那ドンがコードの調整さえしてくれればおさまるピヨピヨを「接触不良」などと言う、超現実主義的な言葉で片付けられるのを
歯を食いしばって耐えた時代にもつい先日別れを告げた。
「そろそろ今までの電話は限界かもしれないから新しいちょっとオシャレな電話を
買おう」と言う旦那ドンの言葉によって連れてこられたこの子の登場によって。。。
0302.jpg
エコポイントで調達したこの子は、フォトフレームが親機になっている。
ボタンがシリコンなのがガッカリなのは言うまでもないが、
有力候補だったamadanaが今出しているモデルは気に入らなかったので
『ポイントを使えばタダである』事を最優先してこれに決めた。

しかし日本って、オサレなデザインのってないですよね。
これも決して悪くはないのに、何でボタンをフツーのシリコンにするかな!?
その辺の感性を理解できない今日この頃である。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/11/23 (Tue) 家具のリメイク見積もり

新居のインテリアには合わないけど、使い続けたい家具ってありますよね。
私にもそんな家具があって、リメイクして貰いたいと思っている。
私が幼稚園生の時に我が家に来たタンス。

いわゆる昔の『婚礼家具』と言われるタンスなのだが、中が桐で出来ているのでシーズンオフの衣類や滅多に着ない一張羅をしまっておくには虫もつきにくく重宝している。
これを何とか上手く使えないものか…と言うより、上手く使えればと考えていて。
と言っても、リメイクするにも基本的にシーズンレギュラーの衣類の集合場所ではないので、すぐにロフトに乗せてしまえィ!!と。
がしかし、ロフトは天井高に限りがあるのでタンスをマルッとそのまま乗せてしまうわけにもいかず
仕方がないので開き部分と引き出し部分を別々に置ければと考えた
1123.jpg
そして、家具をリメイクしてくれる工房を探してみた所、意外とたくさんありまして
その中の1つのお店の方に見積りに来て頂いた。
作業の内容としては、開き戸部分に台座を付け、色落ちしてしまっている塗装の塗り直しと金具の取り換え、さらに内部の桐の磨き。
そして引き出し部分は天板をつけて、こちらも塗装の塗り直しまでを行って…
10万円あればとの事でした。
額面だけみれば安かないが、桐のタンスは新たに10万では買えなかろう。
ましてや一緒に過ごしてきた思い出までもは。
思えばゴミ削減で環境にも良いしね~と言う事で。
さらにいくつかの工房に問い合わせてみて、一番腕の良さそうな&大切に
作業してくれそうな工房にお願いしたいと思っています
良い物を買って長く使う…まずはその第一歩と言う事で

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/11/11 (Thu) イモキン

…と言っても、昔懐かしのトリオではない。
『芋きんつば』の事である。

このところの急な寒さのせいか「芋きん買いに行かなきゃ」と言う事で
半ば取り憑かれたように芋きんを買いに走った。
我が家は浅草・満願堂の芋きんが大好物
出会いは10数年前、お土産に頂いた芋きんがまだまだあの味を知るには
若すぎた私の舌を魅了して以来の大好物なんです
1111.jpg
ところで、この芋きんの魅力と言えばやはり
皮の香ばしさと芋あんのナチュラルな甘さのハーモニー
それと忘れてはならないのは職人さんの独特なリズムでの「焼き方」
四角く切られた芋あんに職人さんが皮の生地を大きなボールからつけながら
焼き上げていくわけだが、その生地付けのリズムが職人さん毎に違っていて
見ている方としては非常に面白い。
そして、一面毎に生地をつけては焼き~つけては焼き~している
鉄板には芋きんの「焼きの定位置」を示す焼きあとがクッキリ!!
これもまた視覚から芋きんを美味しくさせるマジックに違いないと思っている。
焼き上がった芋きんは皮はモッチリ、あんはホックリ
洋菓子のスィートポテトのようなミッシリ感がなく、いも本来のホックリさが残されつつもシットリ…と言う、本来ならば同居しなそうな食感が見事に同居している。
そして手渡される芋きんは焼きたてのホッカホカなものだから、毎回その場で包装紙を剥ぎ取り早々にかじりつきたい思いをこらえるのに大変なのだ!!
実際、何度かはこらえきれずに…つい

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

雑記 | trackback(0) | comment(2) |


2010/10/21 (Thu) フリンの恋

会社の子が今モテ期真っ只中らしい。
年齢的には『結婚適齢期』の彼女、実は…不倫の恋に身をこがしていた。

私これでもイチ妻として「お止めなさい」と諭しましたよ何度も。
それがズルズルいってて、一昨年のある日トイレで泣き顔の彼女とバッタリ!
てっきりバカ上司にまた理不尽な事を言われたのかと思いきや、
妻子持ちと別れたって言うじゃないですか。
どうも激しくブロークンハートで、仕事中にもホロリ…だったみたい。
写真素材 PIXTA
(c) td.lemon写真素材 PIXTA


そんな彼女、「私1人で生きていく決心したんです。年金も始めたし保険も
見直して。元彼にもヨリ戻そうって言われるけど『1人で生きていくから』
って」
何て二十代とは思えない腹のくくり方をしてたのですが…
ここ2~3ヵ月で指を折り返せるほどの相手ができたと言うではありませんか
「私、今プチモテ期みたいなんですぅ~と自ら言うんだからよっぽどだよね。
当然、今度は普通にシングルの人達で。
ただ、良かったと思うのも束の間、既に猛チャージをかけられているらしく
本人曰わく「まだ誰っていうのがないから…嫌な女なのは分かってるんですけど『それっぽい空気』が流れ始めると若干距離をおいてる」と言う。
それはそれで良いのですが、マズい事に誰にどんな嘘をついたか
判らなくなってきてる
みたい
とりあえず大人の女性として「それらしい空気になって『困る』と思う相手は早く離しておあげなさいよ」ともっともなアドバイスをしたのですが、
「誰でも素直に嬉しいと言うではありませんか!
これはもう一度失敗してしまいそう…と思う私は
「OREOさんみたいな仲良し夫婦になりたいと嬉しい事を言ってくれる
彼女にこの事を何とアドバイスしてあげたら良いの!?
やっぱり「夫婦円満の秘訣はね、いかに旦那をノセれるかよ!」何て
生々しい事言っても良いですか?
もう私の真実を伝える事でしか
次の恋愛で彼女を幸せな結婚に導けない気がして

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

雑記 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

OREO

Author:OREO
夫婦でブログをこつこつ続けます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。