王様のミミはロバの耳//話題に壁ナシ!ストレス発散系ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

スポンサー広告 |


2010/11/29 (Mon) ペーパーホルダーを探す

またしてもすっかり忘れていた事が。
トイレのペーパーホルダー捜索。

施主支給にする気満々でいたわりに、おざなりになっていた。
でも大丈夫
納得できるかどうかは別として(そんなんで良いのか!?
こんなんが良いな~と思っているものはあります。
後はどこで納得(と言う名の諦め)するかの問題。
1階トイレは何て事無いキラキラのステンレスで良いんだけど、
2階は木製のが良いんです。
しかしこの『木製のトイレットペーパーホルダー』と言うのが
一気にハードルを上げる。
あまりにも素朴すぎる、キコリの雰囲気の漂うモクモクした感じのはイヤ
…と、この辺りに関してもいつものように注文の多い料理店で
しかし、そんな料理店のオメガネに適ったのがこのペーパーホルダー
1129.jpg
画像お借りしてます
どうもコレ、北欧製らしいんですよ
通りで…ねぇ~~~?
がしかし、これにも納得のいかない点があるんです
外国製のトイレットペーパーホルダーにありがちな
トイレットペーパーが壁に擦れるのが気になるんです。
衛生面がちょっとな…とか、紙が擦れたチリが間違いなく出るよな…とか、
壁紙も傷みが早くなるだろうな…とか色々考えてイマイチ踏み切れない
当然、このペーパーホルダーお安くありません

ね?どこで諦めるか…の問題でしょ?

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!
スポンサーサイト

バスルーム | trackback(0) | comment(0) |


2010/10/24 (Sun) ユニットバス入荷

ついにユニットバスが入った。
パナソニックのココチーノ-Lクラス。

ご存知ですか?ハウステックとか積水ホームテクノとか。
ウチは旦那ドンが足を伸ばして浸かれる浴槽を見つけるのに、この世のあらゆる
ユニットバスを扱うメーカーのショールームに出掛るハメになってしまった
なもので、ユニットバスを語らせたらちょっとウルサイ。
そんな旦那ドン、唯一足を伸ばせたのがパナソニックのタマゴ浴槽。
浴槽の大きさって本当に不思議で、水の入る量もカタログに載ってるサイズも
浸かった時の浴槽の大きさ感の判断の参考にもならない。
ちょっと日本の標準を上回るような身長の持ち主は、臆する事なくショールームの浴槽に入ってみてから判断する事をオススメする。

そんなココチーノに酸素美泡湯を付けた。
ショールームで説明を受けた時に体を芯から温めて湯冷めしにくくなるため
入浴剤も不要
との事だった。
確かにお湯の肌当たりも良くトロッとした印象で、若干肌もシットリ
とは言え、設備そのものにコストがかかるので計算してみると、薬用入浴剤
(バブ想定)を毎日使って5年弱で元が取れる計算だった

やはりここでもジューテックホームの住設へのお得な価格設定が
大いに後押しくれた

1023.jpg
実は最終のコスト調整で、床暖のあるウェルダンノーブルの家に果たして
そんな立派な機能を持つお風呂は必要か。

少なくとも湯冷めに関しては心配いらないだろうと言う議論になったが、
酸素の泡で長湯しても息苦しくならない事、入浴剤を使わない事で残り湯の洗濯への再利用に気を使わなくて済む事、一般的に言われている設備の耐用年数よりはるかに早く元が取れる事が決定打となり、結局そのまま導入する事にした。

これからの季節は特に、毎日一時間半位はお風呂でノンビリ…が日課になる。
新築の家から外へはますます出られなくなりそうな予感がしている
だって明らかに、自分の家の方が快適だもんね。
大好きな旅行すら億劫になったら困るな。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

バスルーム | trackback(0) | comment(2) |


2010/10/15 (Fri) タオルの居場所

今日、突然に思い出した事がある。
タオルの始末。。。

個人的に『タオル掛け』と言うものが嫌いなんです
お風呂は良いのですが、キッチンとトイレだけは
タオル掛け使いたくなーーい!
特にキッチンはキャビネのハンドルに掛けられるものもありますが、
何せそれがお気に召さないのです。
機能と使いやすさではハンドルに掛けるに勝る方法はないと重々承知の上で、
あえてハンドルには掛けないと決めました。
で、とりあえずキッチンに関してはキャビネの中に引き出し式のアーム
つけてもらう事に。
ハーフェレのこの金具。
10152.jpg
と言っても、それはフキンだけ。
手拭き用のタオルに関しては別途考えなければなりません。
これに関しては難易度高くて困ってます、自分で決めたのに
トイレにはコンランで以前から目を付けていたタオルリングを検討中。
1015.jpg
手拭きの都度外さなければならないのが不便ですが…

そんなわけでまた、お買い物リストに追加されるもの
やっぱりお買い物リスト作って良かったです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

洗面台 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/25 (Sat) 出費の苦しみ先送り

初期コスト削減と言う名の『出費の苦しみ先送り』&『やっぱり新製品が欲しい』と言う事で、冬に引き渡しの我が家は、エアコンなしでひと冬過ごします。
床暖あるので冬場はエアコン使わないし…と言う判断です。

0924.jpg
実はぴちょん君萌えのワタクシは、うるるとさららを使いたかったんですよ。
でも隠蔽配管である以上、うるさらは使えないんです。
そもそも隠蔽配管と言うのは冷媒管2本と排水ホース1本+室外機の接続電線
1本を予め壁内に埋め込んでおく事。
でも最近の多機能エアコンは、隠蔽配管に予めセットされた管だけでは
足りないんだそうです。
例えばうるさらの『うる』は外気の湿気を取り込むので、その為の換気管が必要。
外にペッペと埃を排出するタイプのお掃除機能付き機種もペッペの為の管が必要。
それらがどこに付くのかと言うと、室内機のすぐ外。
なので、せっかく隠蔽配管にして外観を美しく…と思っても、
多機能エアコンを入れると決めた段階でペッペ乃至は換気管がニョッキリと
外壁に顔を出す
事になる。
しかもそれらの管はメーカ毎、機種毎に太さや対応距離が異なるそうだ。
そこまでになると、もはや隠蔽配管にする必要もメリットも無くなってしまう
と言う話をヨドで、わざわざダイキンの販売員さんを捕まえて
小一時間レクチャーして頂きました
そして最終的に「エアコンに色々ついている機能は、あくまで補助的なもの。消臭機能であればシャープのプラズマクラスターを、加湿であれば
超音波加湿器を…ご購入されるのが一番ですよ。家電品は単機能で
あればある程長持ちしますから。冬場はエアコン使わないのであれば、
思い切って冷房機能のみに絞ってしまうのもアリだと思います

って、オノレは本当にダイキンの販売員かね?と、
大好きなぴちょん君を冒涜された様な気持ちに一瞬なったのですが
「うるさらを気に入って頂けたのは有り難いですが、
お宅に不向きな物をオススメする訳にいかないので」
と、
納得のいく良心的な説明は好感度高かったです。
と言うわけでウチは、外観重視の隠蔽配管でプレーンなエアコンを購入予定。
3ヶ月点検辺りで営業K氏に「エアコンつけてと言ってみようと思っている。
工事は建ててくれたHMにお願いするのが躯体を守る上でも安心
ましてやジューテックホームはお得なお値段設定がされているみたいだからなおさらだ


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

住宅設備 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/22 (Wed) 飛び降りてみる

もうここまできたら思いきって!
トイレ用の手洗い器もオーダーメイドに!
これはキッチンでお世話になっているガイアにオリジナルを作ってもらった
奥行き350幅1425高さ900と言う微妙なサイズのやつ

造作カウンター+キャビネの選択肢もあったが、掃除をするのにいちいち物を
どかすと言う行為に並々ならぬ非効率さと、デットスペースと言うものへの
これも並々ならぬ無駄を感じている者としては、何とかしてこの微妙な
スペースをスッポリと箱で覆い、収納としたいと言う欲求が芽生える

オーダーメイドだからと恐るるなかれ、箱の上の手洗いボールは
何てこたぁ~ないパナソニックのアクアファニチャーである
オーダーメイドを少しでも手が届きやすくするには、
市販品をどれだけ上手く取り入れるかにあるみたい
そして、忘れてはならないのがHMがどれだけ良心的か
我が家の場合はまず高さへの欲求があって、前のHMではかなりの苦労をした。
しかし、私達の発想のロジックは前も今も変わってはいない。
が、話し相手は大きく変わった。
それだけで前は諦めざるを得なかったオーダーメイドの洗面台も手洗い器も
今は両方を手に入れる事ができた
しかも、トータルの建築費用すら下げながら。
当然、私達の知らない所で営業K氏のご尽力とジューテックホームの会社の力によるところも多分にあったに違いない。
が、その辺を深く考えず純粋に喜べる自分の鈍感力はアッパレである。
0921.jpg

ちなみに1階トイレにはラ・ルージュを採用。
そのままだと高さは800だが、希望の900まで現場監督K氏が工事して下さる
某HMでは「職人がやりたがらない」だの「この洗面台は入れたくない」だのと
悉く断られていた事を、ジューテックホームは華麗に飛び越えてくれた。
これに関しては大手町・丸の内界隈を闊歩する国内外のビジネスマンに
片っぱしから訊ねてみたい。
「2009年の住宅業界は好況でしたか?」
「2009年は仕事を選べるほど、住宅着工戸数は多かったですか?」
「中堅HM、マンションデベロッパーすら倒産したのは夢だったんですか?」

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

洗面台 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

OREO

Author:OREO
夫婦でブログをこつこつ続けます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。