王様のミミはロバの耳//話題に壁ナシ!ストレス発散系ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

スポンサー広告 |


2010/09/30 (Thu) 理想の外構&庭づくり

そろそろ外構も検討しないといけない季節ですね。

とりあえず予算の底がスケスケに見えてるので、
もうThe seasonは止める事に決定!!
未練がましく値段だけでも…と思わなくもないですが、
打ち合せにも時間がかかりますからね

ところで、家の顔でもある正面部分
基本的にはイングリッシュガーデンのようなもの希望。
シルバーの葉を持つ草木を多用して、落ち着いた緑溢れる庭にしたいと
思っています。
できればメンテナンスフリーで!!…ってムリか
ただ、イングリッシュガーデンって一年中見ごたえがあるように、
花や実のなる時季まで計算してすごく緻密に造られているじゃないですか。
あれは間違いなくなんちゃってイングリッシュガーデナーの私達には無理
どうしたものかと本屋を徘徊するに『コニファーガーデン』なる本を見つけました
宇都宮の花工房というお店の本みたいなのですが、
コニファーのプロの後光が射していたので餃子でも食べがてら
相談に行ってみようかと。
0930.jpg
↑花工房さんから画像をお借りしました。
って言うか…外構のイメージもモヤ~っとした状態なのに、
一体何から片付ければよいの!?
カーテン?外構??家具???
引き渡しまで3ヶ月を切っていると言うのに、
こんなんで良いのか!?自分!
…とりあえず次の週末にはジョイフルホンダにでも行ってみます
新しいインスピレーションが生まれる事を祈って

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!
スポンサーサイト

外構 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/29 (Wed) カーテン選びを一気に済ます

私達の周りには今年マンションを購入された方が多い。

マンションの楽しみと言えば、やはりインテリア選びのようで
「もうカーテンは選んだの?と、最近良く聞かれる。
我が家の現状はと言えば、週末は建築現場通いでカーテン選びどころではないと言うのが正直なところ
でもお陰さまで散々壁紙選びでショールームを訪れていたのもあって、メーカー別傾向と対策は若干怪しげながらもホンワカと記憶の片隅に仕舞われていたりする
とは言え、何はともあれ気になるお店の全てを眺めてみなければ納得できない自分の性質を考えると、そろそろちょっとずつでも手をつけ始めた方が自分のためだと思ったりしている。
そんな私の性格を知る方が
「大塚家具が良いわよ。有名メーカーのが一気にみれるから
と教えて下さった。
中には置いていないシリーズもあったりするようだが、メーカーの商品傾向を見るには十分だそう。
表に出ていないものであっても場合によっては奥から引っぱり出してきてくれるらしい。
0929.jpg

ファブリックは一般的に安くはない
しかも如実に価格と比例したりするのを何となく解っているから、それでなくても重い腰がなおさら重くなる
イザとなったらICのKさんを2~3日レンタルさせてもらいたい…と言う身勝手なお願いに、果たしてジューテックホームは応じてくれるだろうか
↑おそらく撃沈パターン
とりあえず、近いうちに大塚家具で下調べだけはして来なければなるまい
大塚家具なぁーーー!販売員がピッタリくっついて来ちゃうのがまた、行きたくない気分にさせるんだよなーーー!!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

インテリア | trackback(0) | comment(2) |


2010/09/28 (Tue) 4倍の収納(衝撃の事実編)

ロイヤルフォートスウェーデンでは解決できなかった事。
それは収納の確保。

RFSのプランから延べ床面積は殆ど変えず、ジューテックホームでは一気に
4倍の収納スペースを確保する事に成功しました
唯一、大きく変わったのがロフトの広さ。その差、9畳。
それを実現できたのがジューテックホームの屋根遮熱でした。
0928.jpg
アールエフエス㈱との契約を止めてからジューテックホームに決めるまで
数社のHMを尋ねましたが、その多くで『屋根遮熱』を提案されました。
『断熱』で凝り固まっていた私達にとっては、そもそも熱の影響を受けにくくすると言う『遮熱』の考え方はとても合理的で納得感がありました。
私達が他のHMの技術を研究していなかった2年の間に、
その辺がすっかり浦島状態になっていた私達。
「断熱だけの時代は終わったのねぇ~」と目の覚める思いをしたのでした。
まぁ確かに、断熱だけでは温暖化が進む環境下で外気の影響を
受けにくくするにはどんどん壁厚を厚くしていくしかなくなってしまう
そして、検討した数社のHMのうち
標準で屋根遮熱を実践していたのはジューテックホームだけ
今思えばなるほど。
収納の少なさが心配だと訴えた時に激しく同意!!と言う表情の設計M氏が、こちらが「えぇ~っ!?」と思うほどあっけらかんと「じゃあロフト、ここからここまで12畳に広げちゃいましょうか?」と言ったわけだ。
「ロフト…広げすぎると暑くないですか?
「?…うーん、感じ方に個人差はあるからね
何だか釈然としない答えにずっとモヤモヤしていたのですが、今年の酷暑、
週末毎にMHに通ってみてその釈然としない答えの意味が解りました
私達の言っている「暑い」と、M氏の「暑い」レベルが違ったのです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/27 (Mon) モコモコの見学(施工編)

で、肝心の施工の事を忘れてました。。。
ジューテックホームでは壁面平均120mm、屋根面平均130mm
吹付け断熱材を使用している。
0927.jpg

その言葉をそのまま鵜呑みにするならば、壁面には120mmに満たない部分も
たまにはあるかも知れないし、屋根面には130mmに満たない部分もたまには
あるかもしれないねと言う事になる。
…が、実際は壁面は2×6材の厚さ(140mm)、
屋根面は2×8材の厚さ(180mm)以上に吹付け
されていた。
なもので、例の韓流の彼の『断熱材をそぎ落とす』と言う作業が発生する。
いや、中にはありますよ。このモコとモコの谷間は120mmだな…とか、
このモコ面は130mmだな…って所が。
でもよく見る繊維系断熱材は大工さんがちぎっては詰め~ちぎっては
詰め~
の作業ですが、吹付けはこんな細かい所まで!?
思うような小さな隙間にも隅々までモコモコ
が行き届いている。
「通常で50mm、次世代省エネで100mmで十分。でもジューテックホームさんはかなり厚い。当然、断熱材にモノサシを突き刺して測る訳にいかないから
厚めに吹いておけば間違いないだろうって。屋根なんて2×8材の
垂木いっぱい行っちゃえ
って感じで」と親方さん談。
「じゃあ施主さんはお得ですね」と言った私達に
「うん!そう思います」と笑っていらした。
確かに屋根面にコンモリと限りなくドーム型に吹き付けられた断熱材を見て「斜天井にしたのは損だったかもと言う意識がチラリと脳裏をよぎったのは否めない。
09271.jpg

ジューテックホームのお仕事100%の親方さん、裏のスウェーデンハウス群に
「こっちも全部ジューテックさんの家でしょ?」
そ…それは…!!!
営業K氏に我が家の近所にもう一棟、
何としてでもウェルダンノーブルハウスを建てて頂きたいものである。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

断熱 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/25 (Sat) モコモコの見学(韓流編)

楽しみにしていたモコモコの現場を目撃してきました。
はしご越しに覗くにズカズカと上がっていくには若干の抵抗が感じられ、
しばし気持ちを整えて意を決して上ってみるとこんな惨状
09251.jpg

予想外の状況に心拍数が急上昇していたせいなのか何なのか、
はしごを上りきってすぐに見た、一生懸命にスタッドからはみ出た断熱材を
そぎ落とす作業をしていた男の子の可愛い事ったら

例えて言うなら、イマドキの韓流系ですよ。
や~~っぱり、一作業一見学はしてみるものですね
↑動機不純
今までは見るからにガテン系の「男の職場の男たちしかいなかったのに。
モコモコの現場も「男の職場」なんですけど、なんですけど!
いつもとちょっと空気が違いましたよ。
そぎ取られた断熱材がまるでフカフカの雲に見えるほど。
↑そこまでではないけども
何たって旦那ドンですら「珍しいタイプの子がいるね」と驚いたほど。
0925.jpg

そんな韓流の彼とは裏腹に、モコモコまみれの不織布を羽織った親方さんは
「発泡熱が60℃にもなるからね。真夏になるとこの仕事辞めたくなるよ」
と仰っていた。
「でも、これ位涼しくなってくるともう一年頑張るか!って
確かに施工後のモコモコからは、たいぶ離れた所から見ていた私達の所まで
ホンワカと熱が届いてくるほどだから、間近で作業する人は大変だ
夏は10分以上の連続した作業は不可能だそうだ
…と言う事は、ディズニーランドの着ぐるみの方よりも
さらに過酷
と言う事ですね
「だから若いのもなかなか育たないのが悩みなんです
断熱材の親方さんは夢を形にする仕事
ディズニーランドの着ぐるみの人は夢を売る仕事
どっちも裏方さんで目立たないけど、なくてはならない大切な人たち。
あの韓流の子もいつか親方さんになってくれると良いな

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

断熱 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/25 (Sat) 出費の苦しみ先送り

初期コスト削減と言う名の『出費の苦しみ先送り』&『やっぱり新製品が欲しい』と言う事で、冬に引き渡しの我が家は、エアコンなしでひと冬過ごします。
床暖あるので冬場はエアコン使わないし…と言う判断です。

0924.jpg
実はぴちょん君萌えのワタクシは、うるるとさららを使いたかったんですよ。
でも隠蔽配管である以上、うるさらは使えないんです。
そもそも隠蔽配管と言うのは冷媒管2本と排水ホース1本+室外機の接続電線
1本を予め壁内に埋め込んでおく事。
でも最近の多機能エアコンは、隠蔽配管に予めセットされた管だけでは
足りないんだそうです。
例えばうるさらの『うる』は外気の湿気を取り込むので、その為の換気管が必要。
外にペッペと埃を排出するタイプのお掃除機能付き機種もペッペの為の管が必要。
それらがどこに付くのかと言うと、室内機のすぐ外。
なので、せっかく隠蔽配管にして外観を美しく…と思っても、
多機能エアコンを入れると決めた段階でペッペ乃至は換気管がニョッキリと
外壁に顔を出す
事になる。
しかもそれらの管はメーカ毎、機種毎に太さや対応距離が異なるそうだ。
そこまでになると、もはや隠蔽配管にする必要もメリットも無くなってしまう
と言う話をヨドで、わざわざダイキンの販売員さんを捕まえて
小一時間レクチャーして頂きました
そして最終的に「エアコンに色々ついている機能は、あくまで補助的なもの。消臭機能であればシャープのプラズマクラスターを、加湿であれば
超音波加湿器を…ご購入されるのが一番ですよ。家電品は単機能で
あればある程長持ちしますから。冬場はエアコン使わないのであれば、
思い切って冷房機能のみに絞ってしまうのもアリだと思います

って、オノレは本当にダイキンの販売員かね?と、
大好きなぴちょん君を冒涜された様な気持ちに一瞬なったのですが
「うるさらを気に入って頂けたのは有り難いですが、
お宅に不向きな物をオススメする訳にいかないので」
と、
納得のいく良心的な説明は好感度高かったです。
と言うわけでウチは、外観重視の隠蔽配管でプレーンなエアコンを購入予定。
3ヶ月点検辺りで営業K氏に「エアコンつけてと言ってみようと思っている。
工事は建ててくれたHMにお願いするのが躯体を守る上でも安心
ましてやジューテックホームはお得なお値段設定がされているみたいだからなおさらだ


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

住宅設備 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/23 (Thu) 電気屋さんも驚いた!

連休中、私達が墓前でご先祖様にこれから先の人生のお世話をお願いすると言う甚だ不謹慎な事をしている間に、ジューテックホームの社長さんが
躯体確認にいらしたらしい。
0923.jpg

ショックーーー!
いつもなら私達も現場にいたはずなのに、この連休はお墓参り行脚していた。
社長さんとは私達の契約時とおそらく別な方の契約でMHを訪れていた
社長さんに「OREOさん、お世話になります」と声をかけていただいて以降、
お目にかかっていない
私達の契約の時には、ジューテックホームと言う企業についてのさわりの部分を
話し始められた所で営業K氏が「で、契約はですねと割って入ってきて
しまったせいで、社長さんのお話をきちんとお伺いする事ができなかった。
仕事柄、上場企業トップの方のお話をお伺いする事がよくあるが、
お客さんの事、株主の事、会社の事・社員の事、さらに上場企業であるが故に
社会貢献と言う、自社の利益のみに留まらない非常に広い視野と
信念を持ちながら経営判断をされている事が解る。
当然、私の仕事と規模が違うわけだが、楽な方へと流されまくりの自分を
反省するために、また社会人としてのモチベーション向上のためにも、
とーてーも!耳と心の痛い話ではあるが、
経営トップと呼ばれる方々のお話をお伺いする事はとても好きだ。

いい年になってくると、お説教してくれる人もいなくなってくると言う現実もある。
これから先、果たしてまた社長さんとお目にかかる機会があるのかどうか
解らないが、契約の時にゆっくりとお伺いできなかったお話の続きを
是非お伺いできればと思っている。
しかし、契約時の社長さんのお話をさえぎった営業K氏は…
なかなかチャレンジャーだと未だに思っている

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/22 (Wed) 網戸と風水

ジューテックホームの木製サッシには基本的に網戸がもれなく付いてくる。

ボールチェーンでコロコロと開け閉めできるのだが、前のHMでは網戸はなかったので旦那ドンが木枠から自作するつもりでいた
新築したらひたすら『物を増やさない』をモットーにしようと固く心に誓っていた
から、自作の網戸をどこに収納するのかと実は迷惑かたがた心配していた。
だって窓の下にでもポイッとしておこうものなら
そのモノグサ癖が間違いなく家全体に広がっていく

ジューテックホームの網戸の見た目は実は意外と目ざわりでない
一昔前のいかにもプラスチックの網戸箱がへばり付いてると言う感もなく、
木目を思わせるマーブル模様が薄く入ったものなので、
木製サッシフェチの方々にも納得できるのではないだろうか。

日本の繊細な美意識に乾杯!である
ちなみに我が家の網戸は最小限からスタート。
住み始めてから風の通り道を探し出して一番良い位置に網戸を増やすのか
そのままかはわからないが、後からでもいくらでも付けてくれると言うから
初期コストのダウンも兼ねて殆ど外してしまった。
前のHMは窓はむしろ開けないで欲しいと言われたが、
ジューテックホームでは窓を開ける文化が残されている。
網戸を最小限にしたいと相談した時も風の通りを考えてくれていた。
0922.jpg

HMが変わると住まい方も変わる。
世界中でも数少ない『四季のある国』日本
気持ちの良い爽やかな日は新鮮な風と日差しを家の中に取り込んで、
悪い気を押し流すと共に良い気を招こうと言うのが風水にもある合理的な教え。
基本的に家相や風水と言った類はキリがないので追いかける事はしないが、
これ位で運気があがるなら我が家も家の中だけは爽やかに!!
換気システムを通った空気だけに頼らず、貴重な日本の四季を楽しもう

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/22 (Wed) 飛び降りてみる

もうここまできたら思いきって!
トイレ用の手洗い器もオーダーメイドに!
これはキッチンでお世話になっているガイアにオリジナルを作ってもらった
奥行き350幅1425高さ900と言う微妙なサイズのやつ

造作カウンター+キャビネの選択肢もあったが、掃除をするのにいちいち物を
どかすと言う行為に並々ならぬ非効率さと、デットスペースと言うものへの
これも並々ならぬ無駄を感じている者としては、何とかしてこの微妙な
スペースをスッポリと箱で覆い、収納としたいと言う欲求が芽生える

オーダーメイドだからと恐るるなかれ、箱の上の手洗いボールは
何てこたぁ~ないパナソニックのアクアファニチャーである
オーダーメイドを少しでも手が届きやすくするには、
市販品をどれだけ上手く取り入れるかにあるみたい
そして、忘れてはならないのがHMがどれだけ良心的か
我が家の場合はまず高さへの欲求があって、前のHMではかなりの苦労をした。
しかし、私達の発想のロジックは前も今も変わってはいない。
が、話し相手は大きく変わった。
それだけで前は諦めざるを得なかったオーダーメイドの洗面台も手洗い器も
今は両方を手に入れる事ができた
しかも、トータルの建築費用すら下げながら。
当然、私達の知らない所で営業K氏のご尽力とジューテックホームの会社の力によるところも多分にあったに違いない。
が、その辺を深く考えず純粋に喜べる自分の鈍感力はアッパレである。
0921.jpg

ちなみに1階トイレにはラ・ルージュを採用。
そのままだと高さは800だが、希望の900まで現場監督K氏が工事して下さる
某HMでは「職人がやりたがらない」だの「この洗面台は入れたくない」だのと
悉く断られていた事を、ジューテックホームは華麗に飛び越えてくれた。
これに関しては大手町・丸の内界隈を闊歩する国内外のビジネスマンに
片っぱしから訊ねてみたい。
「2009年の住宅業界は好況でしたか?」
「2009年は仕事を選べるほど、住宅着工戸数は多かったですか?」
「中堅HM、マンションデベロッパーすら倒産したのは夢だったんですか?」

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

洗面台 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/20 (Mon) 今週の現場

フレームも出来てしまった。
窓も入ってしまった。
屋根もとっくに乗ってしまった。
配線も終わってしまった。
ここから先は、じっくりじっくり進んでいくみたい

結局、屋根が乗るまでの間には一度も雨に降られる事なくここまでやってきた。
大工さんにはこの夏の暑さはさぞかし恨めしかっただろうが、施主としては一度も床面を濡らす事無く躯体が出来あがった事はありがたい事である
何だか写真を撮っても、先週と変わり映えがしなくて何だかパッとしない
とは言え、可愛い我が家がチビチビと完成していく様は、感慨もひとしおで
嬉しいものですね

0920.jpg
もうすぐ「銀次郎」ともお別れ…
ちなみに今週はついに断熱材の吹き付け作業が行われる
この作業の見学だけはどんなに仕事が忙しかろうと、
仮病を使ってでも見学に行こうと思っていた。
建築の3本の指にはいる見せ場ゆえ、モコモコの工程をこのブログに動画で
UPしたいと思うほどだが、残念ながらそこまでの技術力はない

現場監督のK氏からは「捨てても良い服で行って下さいね」と言われている。
服に付着してしまうと落ちないらしく、つまらない事にモコモコにもならないみたい。
服についてもモコモコになるなら、記念にイニシャルの一つも
モコモコしてもらいたかったのに

しかし、捨てても良い服なんて…ないずら。。。
と言う事で、旦那ドンと仲良くポリ袋を被って見てこよう

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/20 (Mon) ご報告行脚

この連休はお彼岸もあってお墓参り二連日

建築の事では心配をかけている義理の両親に建築現場の写真をみてもらった
私達もいい年なのもあってたまに「前のHMは大丈夫なの?」と聞かれていたが、取りあえず大丈夫と言っている。
…が、大丈夫でない状況であろう事はバレているだろう
でも、今日までの現場の進捗写真を自分の事のように喜んで見ている両親を見て少しは安心してもらえたかなと思ったりもしている。
親と言うのはいくつになってもありがたいものです

思ってみれば、ウチは紙一重のところを渡ってきた気がしている
どこで何がどう間違ってこんなハメになったのかと検証するに
先日のブログにも書いた元RFSの営業A氏がRFSを離れた段階で、
ウチはRFSとの縁は切れたのだと思う

そう言った意味では、ウチと本当にご縁があったのはジューテックホームだったと言う事になる
新しいHMを探し始めた3月契約を決めた5月
人的な要素では以前から知っていた別のHMの方が明らかに有利だったし実際殆ど決め込んでいて、それでもちょっとした引っ掛かりがあったから『決め込むための一押し』を求めてジューテックに見積もりをお願いした部分もある
でも、私達が家に求めるスペックと施工の確かさ、会社の信用度、そして値段の全てを満たしたのはジューテックホームだけだった
そして『HMの営業と話をする時は眉にツバ』だった
私達を2ヶ月でこのHMならと
信頼させてくれたK氏には、本当に感謝している

K氏のマニアックさと明るさがあって、純粋に欲しい家を選ぶ事ができた
ちなみに契約後の打ち合わせにはたいがい欠席で『やっぱり営業と言う仕事をしているヤツはなぁ』と思った事は、この際水に流す事にする…って、もう本人に「打ち合わせ、殆どいないってどーよ?とお小言した後だが
0727.jpg

アダム・スミスの神の見えざる手…ではないが、巡り巡って自分達にとってベストな選択ができたな、社会に反映できるかはわからんがと思った今年のお墓参り
ご先祖様!バカな子孫でごめんなさい!!
これからも私達の人生の面倒を宜しくお願いします!

と素直にお願いしてきました
獅子の子のように谷に突き落とされねば良いが

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

雑記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/17 (Fri) 薄くなった壁

ロイヤルフォートスウェーデン(RFS)からウェルダンノーブルになって
壁厚が3cm薄くなった。
断熱材の性能は上がったが厚みは減ったので、
いわゆるQ値上の差で0.2弱性能が落ちた事になるみたい。

その差を住み分けられる自信は全くない「暑いのが心配だと言ったら、「じゃあ銀色の張ちゃいますか?営業K氏のご提案に乗ってみた。
銀色の…と言うのは躯体の外側に張る透湿防水シートの事。
ちなみにこんな風貌
09162.jpg
(メーカHPより引用しました)

高い透湿・防水・防風性能と遮熱性がウリらしい。
いかほどの効果か身を持って体験したいと思っていて、施工の余りのシートを
頭から被って日光に当たってみたら躯体の気持ちになって良し悪しを
体感できそう
と人知れず実験魂に火がついている。
もしその大きさが無ければ、仕方ない石でもくるんでその温度差を計ってみますか。
そんなバカげた実験で性能を云々言われるメーカーもたまったものではなかろうが
結局のところ理系でもない素人の限界と思って諦めてもらうしかない
ちなみにメーカー実験によると普通のシートとラミテクトサーモではシートの
内側が熱の照射中比10℃近くの差
が出るらしい。
09161.jpg
(上と同じくメーカHPより引用しました)

私達を北欧住宅ファンにした元RFSの優秀な営業A氏の言葉を思い出した
「家を温めるのは輻射熱ですよ。窓から入ってきた赤外線が例えば
カーテンを温める。温まったカーテンが家の中の温度を上げるんです。
だから躯体はより外壁に近い所で熱を遮断すると家の中は快適になる。
窓にはオーニングや簾をかけるのは理に叶っているんです

この間K氏もそんな事を言っていたっけね。
断熱材を厚くして外気温の影響を受けにくくするのも考え方の一つ。
個人的には遮熱の考え方、効率的で好きですよ

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/16 (Thu) 第四回口頭弁論

久しぶりに裁判所へ行ってきました。

前回からだいぶ期日が開いたのは裁判所にも休廷と言う名の
夏休みがあったからなのですが。
民事訴訟の80%が半年で解決…の統計を裏切って、
ウチの訴訟は既に6ヶ月目に突入してしまいました!!
せめて第六回の期日まではご勘弁頂きたいものです…が、どうなのかな。
そう言えば、数日前に債権者集会もあったんですよ。
破産管財人の弁護士先生、キッチリとしたお仕事されてるみたいです。

ちなみに今日もまぁ、いつも通りのペースでした。
ロイヤルフォートスウェーデン㈱とは和解が成立しました。
…が、無いものはない。
民事裁判と言うもののペースにはまだまだ慣れないですね。
こう言うのもきっと、慣れた頃に終わると言うマーフィーの法則が成立しそう。
早く慣れた者勝ちでしょうか??
0915.jpg

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

裁判 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/14 (Tue) またもや?施主の存在感

土曜日に初対面の大工さんに早速お手間をかけてしまった
09141.jpg
先週のガレージの下がり壁は適正な状態に施工し直されていた
大工さんが補強をどんな風にしたかまで解説下さって一安心
が!今度はガレージ内の棚の高さが今度は低いと言う疑惑…ではなくて確信!
大工さんも「確かに低いねぇ」と言う事で、私達の代わりにその場で
現場監督K氏に電話して下さった
「すぐ確認して直します。すみません」との事だったので、今回は現場監督K氏と営業K氏にメールする必要もなくなってしまった
0914.jpg
本来はあと20cmほど上なんです。
(チラッと見えるドアの上端と棚の上端が合ってないとダメなのよ)


しかし、ジューテックホームも家の性能そのものには全く影響のないガレージでのみ、やけに人間くさい間違いをすると言う所がニクイぢゃあないですか
実は我が家はこういう事を細かく気にするタイプの人間…ではない。

家造りは紙の平面から立体を、多くの人の手を借りながら造り上げるもの。
だから、家の性能に関わるような部分での事であればお小言の一つや二つは
言うのだろうが、さすがにこの程度でお小言ではただの
モンスター施主になってしまう。
そんな風に考えられるのもジューテックホームの住宅性能や施工へのこだわりに共感できるから
そして、施主の申し出に対する対応の迅速さと的確さを判っているから、今回も現場監督K氏に状況を伝えておきさえすれば心配要らないと野生の勘が告げている。

とは言え、折角なので(?)取りあえずそれっぽい事の一つも書いてみる。
…あーあ!せっかく営業K氏が頑張って100点満点の所を120点でスタートしたのに、前回(翌日中に対応して頂いた)と今回(所詮、荷物置き場の高さの問題)で2点減点になっちゃった!
どーすんだ!?ジューテックホーム!
あと118点しかないぃ~!
…と言うか、我が家は訴訟と言う究極のトラブル
抱えているので、せめてリアルな建築の方はこのまま順調に進めさせて
欲しかったりもしてるのですが…ダメですか?

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/13 (Mon) 窓と玄関

ついに!ついについに!!
楽しみにしていた窓と玄関ドアが取り付けされた
こだわりの台形も
09132.jpg
スライダーも
09133.jpg
そして!玄関脇の顔も!
09131.jpg
ジューテックホームは可動とFixの窓を組み合わせて連窓ができる
この形に落ち着くまでに設計M氏にいくつもデザインをご提案頂いた。
ちょっとレトロな空気漂うモダンさを気に入った我が家と、
このデザインの産みの親であるM氏の「これ見てみたいなぁ~
一言で決まったこの形。
実際に実物が取り付けられた状態は
設計図上では想像しえなかった程すごい迫力
完成後はこの窓越しに、例の木製ストリップ階段が見える…と言う計画。
さて、この外から丸見えと言う状態をいかにして美しく飾ろう
今からとても楽しみで、頭の痛い問題である

玄関ドアは…まだ段ボールに隠れたまま。。。
大工さん、鍵穴がどこにあるか解らなくてトステムに電話したって言ってたよ
やっぱり大工さん、癒し系

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/12 (Sun) 今日の現場

本日の現場到着…16:00
今日も干からびそうな暑さ!一体いつまで暑いのよ!?
暑さからすると16:00着が丁度良い…が、新たな問題が発生してきている。
それは…陽が落ちるのが早くなった事

先週からフレーマー大工さんから、内部造作大工さんに変わった…はず。
…と言う事で、今日は初対面
現場に着くとちょうど外で作業をしていらした。
営業K氏からは「もう5年も一緒に仕事をしているベテランですよ」と聞いていた。
内部造作の大工さんは家造りの中でも一番長いお付き合いになるので
どんな方かと緊張したが、何だか『超癒し系の大工さん
もっと親しくなったら人生相談の一つもしてしまいそうだ、マジで。
そして前の大工さん同様、やはり礼儀正しい。
でも私達よりだいぶ年長でいらっしゃるので、とても頼りになりそう

で、今日の現場もポカーンだった。
窓も玄関ドアも屋根も乗って、ジューテックホームの三種の神器(?)ダブル遮熱も施工済み。
あの家には…もう住める。
0911.jpg

しかし、そんな本日初対面の大工さんに早速お手間をかける事態が発生したが(と言うほどでもない)、その辺はまた後日。
そう言えば、1階でただ一か所ズレていた釘がきれいに打ち直されていた。
同じような建て方をしている他のHMでは、あのまま断熱材が充填されていたのを見ている。
ジューテックホームの鬼が来たに違いない。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/11 (Sat) オーダーメイド洗面台

洗面台の高さ絡みでは色んな方策を考えた我が家。
結局オーダーメイドで落ち着きました。

オーダーメイドと言っても高さへのこだわり以外には、日本のメーカーのキャビネにデュポンコーリアンのシャンプーボールが使えれば合格。
でも水栓金具は首が伸びて高さが高くなるのが良いんだ!と言うなんとも中途半端なご注文。
このシャンプーボールがまた良くて、ショールームのお姉さんはお子さんの
ベビーバスとして使ったと言っていた。

0910.jpg
そんなこだわりのようなものがあるような無いような我が家、営業K氏にさらなるご面倒をかけてみた!
それはキッチンでお世話になっているガイアとのコラボ。
その全貌は
1.キャビネ部分(日本メーカー品)をジューテックホームで
2.洗面ボールとカウンター、水栓の手配とキャビネへの取り付けをガイアで

と言う、超良いとこ取りワガママ放題プラン
お陰で理想通りの洗面台に出来上がりそう
ちなみにキャビネ、水栓、ミラーは日本メーカー品だが全てバラバラのメーカーだ
これぞ日本の叡智!の集結に、一部ハーフの血が混じった事で日本を感じさせつつもエキゾチックな仕上がりになる…予定
高さの問題もカウンター部分に厚みを持たせる事で解決!
実は前のHMでも同じ試みをしましたがお値段が…ね…
今回はジューテックホームのチャレンジングスピリット
ガイアの職人技に助けられました
我が家のもしかしたら掟破りのお願いにご協力・ご尽力頂いた営業K氏とガイアのI氏にはこの場を借りて御礼申し上げたい
「毎度お手数をおかけしすみません

ちなみにご興味のある方がいらっしゃればジューテックホームの
各営業担当まで
あ!但しジューテックホームで建築の方限定でお願いします
ジューテックホームはオーダーメイド洗面台屋さんではないですから…
って何の宣伝だ?

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

洗面台 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/09 (Thu) 主張しすぎの梁

ジューテックホームで建てる事に決めてから、屋根遮熱の性能が良かったので真南に面した主寝室を勾配天井にする事にした。
しかもロイヤルフォートスウェーデンの時にはコストの
問題で諦めていたパイン貼りの天井に


構造上避けられない梁が縦横に通る事は解っていた。
我が家のこだわりである台形がある部屋を勾配天井にすると決めた以上、
この梁の露出だけはどのHMで建てようと変わらない事も。
当然、設計のMさんにも「結構、ゴツイのが通るけど大丈夫?」と
度々ご確認&ご説明頂いていた。
その時は夢の勾配パイン貼り天井に浮かれて、
梁なんてヨイヨイ~主張があっても無問題と実は深く考えておらず
0909.jpg

でも!ここまでとは想像を絶していた
事態を理解するまでの流れはこんな感じだった
step1 『え?何この邪魔なの
step2 『え!?もしかしてこれが噂の梁?
step3 『えぇー!?ここまでとは思わなかったんですけど!
step4 『図面か施工が間違ってんじゃないの?
step5 『あぁー!間違ってないぃー
step6 『この梁はマズい!マジしくじったかもー
step7 『でも…勾配天井、捨てがたかったもんな。ウェルダンノーブルの
屋根遮熱の性能あったればこそ出来た真南の勾配天井
だもんな
step8 『…………………どうしよ
step9 『ブランコでも下げろってか?
step10 『おっ!ブランコ?おっ!おおっ!?
step11 『何だ意外と良いんでない?この梁も
と言う事で、この一見鬱陶しい梁がどの様に変化するかは住み始めてからの
お楽しみと言う事で、乞うご期待!!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/08 (Wed) ガレージの下がり壁その後

現場監督Kさんから、月曜の朝一番に連絡が来てからと言うもの、我が家としては
「うん、そうね。よろしく~と言う何ともお気楽モードで時を過ごしていた。
だって、ガレージの出入口なんて気密も断熱も関係ない
0908.jpg

が、昨日ガレージドアの調達先のレムコさんからドアの色やオープナーの
機種確認を兼ねて、監督K氏と現場で打ち合わせをした事、結果問題ない
施工だった事、おおよその取付時期
のご連絡メールが届いた。
さすがに昨日の今日でそこまで対応して頂いているとは思ってもいなかった
しかもわざわざメーカーに現場確認までさせているとは!
ちなみにガレージドアは施主支給品である。
前のHMでは『納まり図だけよこせ。その通りに施工するから、
ドアは引き渡し後に取り付けろ』
と何度も言われていた……
だからレムコからのメールに書かれた取付時期が引き渡し予定日の一週間程前だった事は私達を(特に旦那ドンを)とても喜ばせた
施工支給品である以上ジューテックホームには調整の手間が増えるだけで、
いわゆる利益面での貢献はなにもない。
にも関わらず、施主支給に関してジューテックホームはかなり寛大だ。
巷では施主支給品に対して手数料と称してフィーを要求するHMが多いと聞く。
実際、前のHMでは見積書の10%のフィーを要求されていた。
ここだけの話、見積書偽造してやろうかと思いましたけど。
我が家も施主支給を考えたものは数知れず…でも結局は、施主支給してしまえば付かない補償の問題を考えると、ジューテックホームから調達する方がはるかに
お得だった。
やはりこの辺は商社の強みなんだろうね。

下がり壁の対応と言い、施主支給品への対応と言い、見積書の金額ではわからない安心感と満足感を感じている我が家だ

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/06 (Mon) ついに施主の存在感

土曜日に玄関前で夫婦して仁王立ちで我が家を眺めていると、
見慣れた立面図と何か違う

届きたてホヤホヤの『ご施主様用仕様書』を確認すると、
ビルトインガレージの出入口の下がり壁の寸法が足りないのではないか、
このままだとガレージドアが寸足らずと言う何とも奇妙なガレージが
出来上がりそうだ
と言う結論に至った。
「ガレージ内の資材の出し入れが一巡したら調整するんでない?
「ガレージのスロープで調整するのか!?
素人のない知恵を絞って図面と見比べるに
『やはりこれは壁の下がり具合が足りない可能性が高い』と言う結論に。
とは言え、図面上では正確に計算されている感もあり、今後の工事で調整しそうな感もあったので、現場監督K氏と営業K氏に土曜の深夜に問い合わせ
大工さんには下がりが足りない分にはいくらでも下げられますから心配しなくて大丈夫ですよと太鼓判を受けていたので気楽に構えていた。
日曜は現場もお休み…だから監督Kさんからの回答も月曜の夜だろうと思っていた
…のだが、今日朝一番で監督Kさんから「現状では高すぎます」と言う説明と「正当な寸法にするよう手配をしました」と言うご報告。
さらには夜になって営業K氏からもお詫びのメールが。

0906.jpg

建築は紙一枚の平面から立体にするのだから、この程度の事は大した事ではないと思っている。
が、何か起こった時の対応の迅速さやフットワークの軽さ、施主の申し出に対する対応の誠実さは企業として非常に大切な要素だと考えている。
それからするに、今回のジューテックホームの対応には
我が家は大変満足している。

『違っていたら適正に直す』
『ブツクサ言い訳する前に事実をきちんと受け止めてお詫びをする』

当たり前の事を当たり前に出来る企業はそれだけで信頼できるものだ。

にしても、せっかく憧れの『施主の存在感』を示せる
チャンスだったのに、そのチャンスを棒に振ってしまった
あれこれ考えずに「ゴラー!すぐに現場まで来い!
電話すれば良かったな

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

建方工事 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/05 (Sun) 2×6の壁厚と17センチの壁厚

ロイヤルフォートスウェーデン(RFS)からウェルダンノーブルに変わって、
壁厚が3cm薄くなった。
元断熱マニアの話はまたヒマな時にでも書くけども。

RFSの建築現場がある種の基準だった私達は、先々週の現場で2×6の壁厚の我が家を見た時に壁厚の違いからくる圧迫感の違いなのか、
だいぶスッキリしてるなぁと言う印象を持った。
しかし昨日、ほぼ完成の2階に上がってみるとむしろRFSよりも迫力を感じた。
何がそう思わせるのかと現場にいる間中考えていて感じた事…それは
『まだ間柱の段階なのに、もう壁として自己主張をしている面がいる
『せっかく見れた青天井も根太が邪魔で見えずらいですね

…もしや、スタッドのピッチが違うんだったっけか?
0905.jpg

ウェルダンノーブルは外壁面から床根太(1階除く)、
さらには耐力壁でない壁面までグルリと45cmピッチ
RFSは…?もうすっかり忘れてしまつた
でもRFSでは一部2階に必要だった床の補強もウェルダンノーブルでは
必要なかったのは確かだ。
と言う事はつまり…RFSではオプションとしてお金が
かかっていた床補強が
ウェルダンノーブルでは2階全面床補強状態だ!!

しかも標準なのでタダ!無料!!
↑厳密にはタダとは言わない
これなら旦那ドンが2階でバランスボールをやっても、
夫婦でコアリズムでフィーバーしても心配いらないな

先々週の段階で、何でその辺りに気付かなかったのか…と言うのは、
1階をハイスタッド(2700)にしていたせいでの視覚効果の違いであろう。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

建方工事 | trackback(0) | comment(4) |


2010/09/05 (Sun) 今日の現場

本日の現場到着…16:00
先週末より大前進!!
本日の瞬間最高気温…40℃
でもあんまり早く行きすぎても…この時期暑いと言う事を
身を持って経験した本日。

09042.jpg
涼しげな青に惹かれて、今日はお土産を持参。
フレーマーの大工さんとは今日でお別れですからね。


工事進捗表によれば今日で建方工事の終了予定+ルーフィング…だったはずが、
まだまだ真夏の空の色をした青天井+大工さん4人体制での建方工事
…私達の知らない平日の間に何かありましたか?と、
ちょっと心配しつつ巡回しているとロキソニンの飲み後が
ロ…ロキソニン!?誰か腰痛めてんな!?
と言う事で犯人探し。
犯人は…いつもお世話になっている大工さんでした
その腰には先週末には見なかったコルセットが。
しかもそのウエストの細い事といったら…ちょっと、
いいえ!かなり嫉妬だわ~!!

仕事中は時折辛そうな表情をしつつも、いつもと変わらぬ仕事ぶり…
でも、いつもより一時間近い残業の今日の業後はとても辛そうでした
大工さんは腰痛持ち多いですからね
そんな中でも約1日あるかないかの遅れに、
大工さんの職人魂+チームワーク
ジューテックホームの厳格な(鬼のような??)監理に感服。

09041.jpg
この景色を見たかったんです!
本来ならば見れなかったこの景色を見せてくれた工事の遅れに感謝!!
ポツッ…と見える白い点は飛行機です。何処へ行くのやら。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

建方工事 | trackback(0) | comment(2) |


2010/09/03 (Fri) 職人さんのバトル

昨日、営業K氏に電話をする用事があった。
そのついでに、これまでの工事がトラブルなく丁寧に進められている事のお礼を伝えた。

実は前のHMで建築すると腹をくくっていた時代は建築Gメンをお願いする予定で、具体的な人繰りまで段取りしていたのだ。
費用的にはかなり手痛い額となったが、工事の確実さをお金で買えるならそれはそれで必要な出費と考えていた。
しかしジューテックホームではもれなく第三者検査がついてきた上に社内検査も厳しいものを課していると言う事で、Gメンにはお引き取り頂く事にした経緯がある。
今となれば良かったよ!!お引き取り頂いて!!
シャレにならない額の無駄な出費となるところでした

0903.jpg

K氏との電話で、残暑と言う酷暑のなか一生懸命に我が家の骨組みを作って下さっている大工さん、厳しい社内監理を敷いているジューテックホームも一目置いている大工さんらしい事が判明。
人当りも良いのにプロ意識の固まりらしく、ジューテックホームの社内検査を通す云々より前にまずプロとして納得出来る仕事かどうかが基準らしい
だから社内検査には問題なく通る範囲でも納得いかなきゃやり直し…
いやぁー、マルがつくギリギリのところで良しと言うスタンスで仕事している私に
とっては、心底耳の痛い話である
しかも聞けば美白系トゥルリン基礎を作って下さった職人さんも、朝一番でその日の乾燥に合わせて水養生の塩梅を変えたり、時には霧吹き片手に
基礎の子守り
をして下さっていたらしい。
そりゃあこの酷暑でもヘアクラック一つない基礎も出来上がりますよ
そうですか~!そうでしたか!!
私達の知らない所で職人さんのプライドをかけた熱いバトルがあった訳なんですね。

ウチは前のHMとは散々だが(まだ未解決なので現在形でお願いします)
こりゃ訴訟の一つも抱えた甲斐もあるってものだ
人生、バランス良く出来てるものなんですかね?
宜しければ皆さんも…いかがですか?訴訟
それよりも前に良いHM選びから…ですね

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

建方工事 | trackback(0) | comment(2) |


2010/09/01 (Wed) 水回りの高さ

あれやこれやといじくりまわしていた水回り。
特に洗面台の高さ絡み。

結局、キッチンと1、2階のトイレは900。
洗面台は875に落ち着きました。
色々と考えたのですが、家族構成(特に身長面)からすると
この辺りが最大公約数であろうと
それでも巷にあるものに比べたらだいぶ高さのある部類に入るでしょうね。
記憶の片隅に追いやられつつある前HMの時はこの問題が散々だったんですが、ジューテックホームになってからはスイスイとクリア
ったくよー!!一体何だったんだ!?って事はまた後日に書くとして。

水回りの高さについては本当に悩みました。
何かゆる~い感じで決めた風ですが、これでも一応、住環境福祉についても
勉強しました。
車椅子での移動や動作にどれ位のスペックが必要か。。。
とりあえず移動するためのスペースは確保できてます。
が、水回りだけはどうしても
車椅子対応にするととんでもなく低く設置しなければならない。
900で丁度良いと思っている人に、700チョイって…無理でしょ
その辺の理想と現実を乗り越えて、とりあえず自分達の年齢に合った仕様としました。
まぁ、イザって時はイザって時でどうにかなるさ!
…と言う、いつものお気楽ポジティブモード
0901.jpg
  ↑洗面台はこんな感じ

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

洗面台 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

OREO

Author:OREO
夫婦でブログをこつこつ続けます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。