王様のミミはロバの耳//話題に壁ナシ!ストレス発散系ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

スポンサー広告 |


2011/06/26 (Sun) 門まわりのデザインとさび病

週末毎に天気がサエないおかげでDIYは今週も休工してしまった。

涼しくて作業日和だったので気になっていた雑草抜きにいそしんだ。
そこでショッキングな事実。
ずっと順調に育っていると思っていた芝生がサビ病になってしまっていた。
肥料が足りないのかと思いきやお隣の高麗芝もサビてたから、この所の日照不足と多湿が原因と思われる。
お隣は高麗芝、ウチは姫高麗芝を張っている。
姫高麗は高麗芝よりも葉が細く、明るいグリーン色をしている。
張ったばかりの時は「隣の芝は青く見える」とはこの事かと思っていたが、最近は品種の違いから間違いなく隣の芝は青いと思う。
そして、成長も高麗芝の方が若干早いみたい。
06261.jpg
ところで一向に進まない外構ですが。
とりあえず今週は門周りのデザインを考える事に。
素人があまりにも凝ったものに手を出すと大概面倒な事になるのが摂理のようなので、シンプルで簡単にできそうなものを考えた。
06262.jpg

で、こんな感じのものが出来たけども何だかどうも納得いかない。
考えた中ではおそらく最もシンプルで手間がかからないとは思うけど。
旦那どんはこの手の作業にほとんど手を出そうとはしない。
よく分からないなりにも、もう少し積極的に関与してほしいのだけど。
「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」って日本には超ポジティブな言葉があるではないか。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!
スポンサーサイト

DIY | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/19 (Sun) 何で証人尋問まで4ヶ月もかかったか

結局この週末もDIYはお休み。
ジョリパットは晴れた日に十分乾いた塀に塗らないといけないらしい。
それでも旦那どんは朝6時に起き出して電気予報と昨日の雨で湿った塀のチェックをしたらしいけど、何だかどちらも怪しくて今週も休工日と相成った。
だからと言うわけではないが、今週も記憶揺さぶり起こし系の裁判ネタでひとつお願いします。

12月の第六回口頭弁論から4月の証人尋問まで4ヶ月もの時間が開いたのは先様のご都合によるものだったのですが。
その間にひと年度が終わりを告げ、今年度が始まったと言う絶妙のタイミング。
何が言いたいのかと言えば『ウチの裁判、今年度から裁判官が代わっちゃったのよ~』って事。
裁判官も実は公務員なんですよね。
「証人尋問の日に即日判決出したいから…」と仰ってた裁判官が、新年度を迎えた後の4月の証人尋問の時には全く別な裁判官に代わっておりました。
ちなみに、一般の会社のように「異動のご挨拶」のようなものは一切ございません。
裁判の当事者である私達ですら、当日の受付前の「本日の開廷帳簿(←勝手命名)」に記載された内容から裁判官の交代を知ると言う。。。

前の裁判官とは6回、時間にしてトータル一時間程度の中で私達は裁判官の『心証』を垣間見る事があった。
第二回の口頭弁論から和解勧告・・・と言うのもその一つ。
そう言う意味では前の裁判官の方が安心ではあったけど、だけどもやはり裁判官も人間なのであって。
次の新しい裁判官も、旦那どんの原告側証人尋問にはそれほどの深い追及はなかったのに、被告側証人尋問では時折前に身を乗り出して証人の顔を覗き込むようにしながら、若干語尾の強いお尋ねもあり。
時には苦笑しながら傍聴席の私達に目を向けられる場面もあった。
でも、一つ言えるのは『小手先の嘘や誤魔化しは裁判官の前では通用しない』と言う事。
一つのアラを晒す事を避けようと思うと、別なアラを晒さざるを得ないような質問を投げかける。
『恐るべし!裁判官の尋問力!!』経験者の端的な感想です。

もうすぐ私達の訴訟にも一つの結論が出る。
私達の判例が後に不幸にも私達と同じ目に遭ってしまった方に、少しでも有利な結果を導き出せるような材料になればと思っている。
そのためにも何としても消費者が泣き寝入りせざるを得ないと言う判断を、司法にだけは下して欲しくはない。
どんな事業であっても事業譲渡というものが珍しいものではなくなっている以上、一個人が企業相手に戦わねばならない状況になる事は珍しい事ではなくなっているのではないかと思っている。
特に注文住宅は、この国には不思議なほどに小さい工務店が多くて、その経営状態も掴めないまま多額のお金を工面しなければならないのが現実なわけで。
その辺りの法整備も必要なのではないかと真剣に思う時もある。

ガラにもなく真面目な事を書いた気がするけど、この先の人生まだ色んな事があるのかも知れないが、チョットの事では動じる事もなさそうな経験が出来たのは良かった。
そんな風に思える今日この頃。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

裁判 | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/12 (Sun) 裁判の事(第六回口頭弁論から今まで)

今日はDIYも休工日。
近所に植栽の相談(今さらかよ~~!?とか言わないのっ←姫ちゃんはすっかり見なくなりましたね?)後、ご近所さんと外交がてら外構話に興じまして。
本日は気が重いネタの記憶を揺さぶり起こしつつ、お話しておきたいと思いましてひとつ。。。

気付けば提訴から1年4ヶ月が過ぎてしまったロイヤルフォートスウェーデン…とは和解したので、RFSと北欧住建との裁判。
実は年末に6回目の口頭弁論があって。
結局、第2回の口頭弁論でロイヤルフォートスウェーデンの破産管財人の弁護士先生が和解を申し出ると同時に、裁判官はアールエフエスと北欧住建にも度重なる和解勧告をしてきたのですが、先方はこれまで頑として応じる事はなく2011年の年が明けたのでございます。
その理由は、破産管財人の弁護士先生が起こしている損害賠償請求の裁判があるから、個別の和解には応じられないと言うものなのです。
が!実のところ、年が明けてから私達の弁護士さんから「北欧住建・アールエフエスと和解の機運が高まってきたようで、ロイヤルフォートスウェーデンの破産管財人の弁護士先生から被害額の何割なら和解に応じてもらえますかとお訊ねがあった」と連絡を頂いた。
が、ウチとしては損害賠償含め「満額以外」には応じられないと回答致しました。
ウチの裁判ですら提訴から一年も経って、おそらくはウチ以外の諸問題の先行きが見えてきたからなのか何なのかは知らないですが、いまさら何を?と思いもしたのものでございます。
それは他の方々も同じだったようで、その後の債権者集会で『和解は難しい』と破産管財人の先生は話されたそうだ。
そして4月、証人尋問を行い、最終的にはフルコースで訴訟と言うものを経験する運びとなってございます。
民事裁判の解決までの平均所要時間:『80%が半年以内』を大きく超えて、レアな域に足を踏み入れつつあるのが恐ろしい。
その間に、新しいHMを探して→契約→着工→竣工→引き渡し→引っ越し→ご近所さんとの外構ヨモヤマ話までできてしまうほどの時間ができてしまったと。
まぁ結局、いわんとする所はどのHMとは限らず、変なタイミングで変なHMに捕まるとこう言う自分の人生に果たして本当に必要な経験だったのか甚だ疑問な時間を過ごす事になりますよと。
まぁ、一度渦中に巻き込まれてしまえば無駄な時間とは思わないではあるのですが。
ただ、他人にはあまりオススメできない時間の過ごし方である事は事実。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

裁判 | trackback(0) | comment(0) |


2011/06/05 (Sun) 今週のDo it yourself!(ジョリパット塗り)

この週末は塗り壁DIYしてみました。
使用仕上げ材:ジョリパットHC
施工面積:約5㎡+ちょっとした植え込み
8時から18時まで4段階の作業工程です。
06051.jpg
Step1 ブロックの目地埋め
今回は速乾モルタルを使用。
コテは金属の、いわゆる左官屋さんが使っているやつを使いました。
ケーキ作りを体験した事のある女子なら、意外と楽しく参加できる作業かも
目地埋めする箇所の下にコテ台を当てて塗り上げていくのがコツでしょうか。
モルタルを下に落とす事も減るので後の掃除が楽です
所要時間:2時間
06052.jpg
Step2 プライマー塗布
ジョリパットにパッケージされているプライマーを100均で調達のウールローラーで、これまた100均で調達のチリトリにビニールを被せたものをローラー皿替わりにひたすら塗ります。
何のコツも必要ありません
所要時間:20分
06053.jpg
Step3 養生
プライマーの最低乾燥時間(2時間)を待つ間にジョリパットの塗布に備えて周囲を養生しました。
所要時間:30分
06064.jpg
Step4 下塗り
一度プライマーを塗ると、3日以内に下地のジョリパットだけは塗らねばならず。
天気予報通りに夕方から雲行きが怪しくなってきたので、ひたすらガシガシ塗ったおかげでコテあとがたくさん残っていますが下塗りなので良しとしました。
ジョリパットそのものはかなりドロッとしていてその重さに戸惑うのですが、あまり無理に薄く塗ろうとは思わずに、ジョリパットをのせた後にジックリと均していくと力のない女性でも容易な施工ができるように思います。
旦那ドンと二人、交代しながらの作業で『楽しんで施工する』には調度良い作業量でした
所要時間:2時間
06055.jpg

来週末には天気次第で仕上げの塗りをやる予定。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

DIY | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

OREO

Author:OREO
夫婦でブログをこつこつ続けます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。