王様のミミはロバの耳//話題に壁ナシ!ストレス発散系ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

スポンサー広告 |


2010/09/08 (Wed) ガレージの下がり壁その後

現場監督Kさんから、月曜の朝一番に連絡が来てからと言うもの、我が家としては
「うん、そうね。よろしく~と言う何ともお気楽モードで時を過ごしていた。
だって、ガレージの出入口なんて気密も断熱も関係ない
0908.jpg

が、昨日ガレージドアの調達先のレムコさんからドアの色やオープナーの
機種確認を兼ねて、監督K氏と現場で打ち合わせをした事、結果問題ない
施工だった事、おおよその取付時期
のご連絡メールが届いた。
さすがに昨日の今日でそこまで対応して頂いているとは思ってもいなかった
しかもわざわざメーカーに現場確認までさせているとは!
ちなみにガレージドアは施主支給品である。
前のHMでは『納まり図だけよこせ。その通りに施工するから、
ドアは引き渡し後に取り付けろ』
と何度も言われていた……
だからレムコからのメールに書かれた取付時期が引き渡し予定日の一週間程前だった事は私達を(特に旦那ドンを)とても喜ばせた
施工支給品である以上ジューテックホームには調整の手間が増えるだけで、
いわゆる利益面での貢献はなにもない。
にも関わらず、施主支給に関してジューテックホームはかなり寛大だ。
巷では施主支給品に対して手数料と称してフィーを要求するHMが多いと聞く。
実際、前のHMでは見積書の10%のフィーを要求されていた。
ここだけの話、見積書偽造してやろうかと思いましたけど。
我が家も施主支給を考えたものは数知れず…でも結局は、施主支給してしまえば付かない補償の問題を考えると、ジューテックホームから調達する方がはるかに
お得だった。
やはりこの辺は商社の強みなんだろうね。

下がり壁の対応と言い、施主支給品への対応と言い、見積書の金額ではわからない安心感と満足感を感じている我が家だ

スポンサーサイト

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑気が向いたらクリック!

ウェルダンノーブル建築 | trackback(0) | comment(0) |


<<主張しすぎの梁 | TOP | ついに施主の存在感>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://swdm.blog81.fc2.com/tb.php/223-c34be01c

| TOP |

プロフィール

OREO

Author:OREO
夫婦でブログをこつこつ続けます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。